携帯サイトQRコード

よくある質問

1.入手方法について(どうしたら手に入りますか?)

リメインヤングの企画・開発は㈱ドーモコーポレーションが責任を持って担当しておりますが、販売は、「株式会社 高陽社」が展開しております。ご興味をお持ちの方はこちらまでお問合せください。

2.摂取量について(1 日どれくらい飲めばよいのですか?)

1993年の調査では、利用して3 ヶ月未満の平均で7.7粒、年齢的にみると19歳以下で一番少なく5.3粒、50~60歳では一番多くて8.1粒という利用状況でした。健康食品ですので、どれだけ飲まなければいけないという規制はありませんが、初めてご利用される方には、利用状況から5~10粒程度を目安にとご案内しております。

3.多量摂取について(多く飲んでも大丈夫ですか?)

リメインヤングに含まれる栄養成分から検討した場合、栄養所要量(1 日に必要な栄養素の量)と90 粒あたりで栄養成分量を照らし合わせても、その許容上限量を超えることはありません。従って、基本的には多く利用していただいても問題ありません。

4.摂取方法について(いつ飲むのが効果的ですか?)

食品形態ですので、基本的にいつ飲んで頂いてもかまいません。消化・吸収を考慮に入れますと、胃腸の働きが活発な食後がお勧めです。また、幼児やお年寄りなどあまり消化器官の働きが良くない方々や胃弱の方は一度に多量に摂らず、何回かに分ける方がいいでしょう。

5.コレステロールについて(コレステロールが高いのに大丈夫ですか?)

コレステロールについては誤解されている部分が多いのですが、コレステロールはすべて悪者ではなく、リン脂質とともに細胞膜の重要な構成成分です。また、食物中のコレステロールが直接、血液中のコレステロ ールに影響を及ぼす事は稀ですので、卵を摂ってコレステロールが高くなるということはありません。以前は「体に悪いもの」という印象があったコレステロールですが、最近の栄養学では、脂質の一種の有利脂肪酸で、細胞膜胆汁酸、各種ホルモン、ビタミンDの前駆体の原料となり、健康な体を維持するには無くてはならないものとされています。食事からも摂取されますが、それよりはるかに 多い量が肝臓と小腸で合成されています。HDL は善玉、LDL は悪玉という常識ができていますが、本来、善玉も悪玉もなく、両方が必要不可欠であり摂取量のバランスが重要なのです。

HDL とLDL は、まったく別の働きをしており、HDL が体の隅々の血管壁にたまったコレステロールを抜き取って肝臓に運ぶのに対して、LDL は肝臓のコレステロールを体の隅々に運んでいます。
LDL コレステロールが増えると、体の隅々に運ばれるコレステロールが増えて動脈硬化を促進する方向に傾くため、LDL は「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
逆にHDL コレステロールは、体の隅々の余分なコレステロールを肝臓に運び、動脈硬化の防止につながるため 「善玉コレステロール」と呼ばれています。

6.カロリーについて(1粒のカロリーはどのくらいですか?)

2.24kcal です。10 粒当たりにしますと22.4kcal です。日本人の1日のエネルギー摂取量は、30~49歳の女性で2,000Kcal です。(第六次改定日本人の栄養所要量)仮に42歳の女性がリメインヤングを1日10粒飲用すると、1 日に必要なエネルギーの1/100程度になります。従って、リメインヤングを利用して「太る」という心配はありません。

home | news | リメインヤングって何? | 商品紹介 | 製造プロセス | たまご研究所 | スッポン百科 | よくある質問
会社概要 | 関係各所のご紹介 | ご意見・お問合せ | サイトマップ

Copyright © 2008 DOMO CORPORATION All rights reserved.
当サイトの画像の著作権は、全て(株)ドーモコーポレーションに帰属します。画像の直リンク、および一切の使用を禁止します。